本ページはプロモーションが含まれています

Tポイント×クイックペイの審査に落ちた 後払い

本ページはプロモーションが含まれています

Tポイント×クイックペイの審査に落ちた原因

Tポイント×クイックペイの審査に落ちた原因は、いくつか考えられます。
Tポイント×クイックペイの審査はクレジットカードの審査と同じ内容になるので審査は厳しくなります。

信用情報

Tポイント×クイックペイの審査は、信用情報機関の情報を参照して行われます。過去のクレジットカードやローンなどの利用状況に問題があると、審査に落ちてしまう可能性があります。

信用情報とは、個人のクレジットカードやローンなどの利用状況に関する情報です。クレジットカード会社やローン会社は、融資の可否や条件を判断するために、信用情報機関に照会を行い、信用情報を確認します。

信用情報には、以下のような情報が含まれます。

  • クレジットカード情報: カードの種類、発行年月、利用限度額、利用残高、支払い状況など
  • ローン情報: 融資額、返済状況、延滞状況など
  • 過去の事故情報: 債務整理、強制解約など

**信用情報は、5年間記録されます。

信用情報機関は、以下の3社があります。

  • 株式会社シーアイシー
  • 株式会社日本信用情報機構
  • 株式会社全国銀行個人信用情報センター

個人の信用情報は、本人が開示請求をすることで確認**することができます。

信用情報を確認することで、自分の信用状況把握することができます。誤った情報記載されていないか確認することも大切です。

信用情報は、クレジットカードローン審査影響を与える重要な情報です。日頃から自分の信用状況気を配り、良好な信用情報維持することが大切です。

年齢や職業

クレジットカードの審査では、年齢職業重要な審査項目の一つです。

年齢

  • 一般的に、18歳以上であればクレジットカードの申し込みができます。
  • 20歳未満の場合、親権者の同意が必要になる場合があります。
  • 65歳以上の場合、収入状況健康状態によっては、審査落ちのリスクが高くなります。

職業

  • 安定した収入のある職業は、審査に通りやすくなります。

具体的には、以下のような職業が有利です。

  • 公務員
  • 会社員
  • 医師
  • 弁護士
  • 会計士

逆に、以下のような職業は、審査落ちのリスクが高くなります。

  • フリーター
  • パート・アルバイト
  • 派遣社員
  • 自営業
  • 無職

年齢職業以外にも、年収過去のクレジットカード利用状況信用情報など、様々な要素が審査に影響を与えます。

審査に通るためには安定した収入良好な信用情報維持することが重要です。

審査に通らない場合は半年後に再挑戦

審査に通らない場合はすぐに審査申し込みをしても同じ結果になる可能性が高くなります。
半年後の収入が増えたり、勤続年数が増えたころに再挑戦すると審査に通る可能性が高くなります。

本ページはプロモーションが含まれています

【ほぼ審査なし】QUICPayアプリで後払いできるプリペイドカード

クイックペイの後払いを、審査なしで利用したいならプリペイドカードが便利です。

原則、プリペイドカードは審査なしでカード発行できます。

KyashのアプリでもQUICPayに後払いチャージ可能

Kyashを利用すると簡単な審査でチャージする方法はあります。

登録は本人確認なしでイマすぐ入金で初回5000円までの後払いチャージが可能です。
利用するごとに限度額が増えていきます。
支払期限は入金月の翌月末までになります。

申し込み金額と手数料

3,000〜10,000円 500円
11,000〜20,000円 800円
21,000〜30,000円 1,150円
31,000〜40,000円 1,500円
41,000〜50,000円 1,800円

QUICPay(クイックペイ)で後払いで利用する場合も審査なしではなくチャージごとに毎回審査が必要です。

BANKITのおたすけチャージ

BANKITはSBI新生銀行グループのアプラスのサービスです。
BANKITを利用している方で事前本人確認をしていると審査なしではありませんが簡単な審査でクイックペイの後払いが利用できます。

初回与信額は3000円で利用するごとに金額が増えるタイプになります。
手数料は1回ごとに300円です。

利用方法

  1. アプリの「チャージ」をタップして「おたすけチャージ」をタップ
  2. 「3000円」をタップして「チャージする」をタップ
  3. ご希望の「おたすけチャージ精算日」を選択し、「決定する」ボタンをタップ

au PAY プリペイドカード

auとUQmobileのキャリアでスマホを利用している場合は、au PAY プリペイドカードを発行してクイックペイと連携すると審査なしで電話料金と合算請求で後払いできます。
プリペイドカードもクイックペイが利用できないお店でもクレジットカード対応のお店が多いので利用しやすいのがメリットです。

発行手数料・年会費無料で発行できます。
200円の利用で1ポイント還元です。

利用方法

チャージは「au PAY アプリ」で[チャージ]→[auかんたん決済]の順にタップしてチャージします。

利用可能限度額の目安

・12歳まで1500円
・13~17歳1万
・18~19歳2万
・20歳以上10万

本ページはプロモーションが含まれています

ほぼ審査なしのクイックペイに似た非接触決済の後払いアプリ

審査に通らなかったり、プリペイドの後払いの金額が足りない、違うほぼ審査なしでクイックペイの後払いを探している方は、簡単な審査で後払いが可能なアプリがおすすめです。

メルペイスマート払い翌月払い

クイックペイは利用できませんが似ている決済のiDがメルカリアプリでほぼ審査なしで後払いが利用できます。

返済は翌月末まで、メルペイ残高にチャージして返済すると手数料も無料で後払いができます。

招待キャンペーン
メルカリ招待コード入力し会員登録で500円分のポイントがもらえます

招待で受け取ったポイントはメルカリ以外にも街でID決済でのお支払いやメルペイスマート払いの返済にも使用可能です。

↓招待コード↓

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

バンドルカード「ポチっとチャージ」

クイックペイは利用できませんが、Google PayのみVISAタッチ決済が可能です。
交通系ICやPayPayスマホ決済アプリにチャージできます。

「ポチっとチャージ」はAGペイメントサービス株式会社による審査で初回5000円程度の後払いができます。

申込み金額手数料
3,000円 〜 10,000円510円
11,000円 〜 20,000円815円
21,000円 ~ 30,000円1,170円
31,000円 ~ 40,000円1,525円
41,000円 ~ 50,000円1,830円

B/43

こちらもクイックペイに似たほぼ審査なしで後払いが可能なアプリです。

有料のICチップ付きカードを発行するとVisaタッチ決済に対応しています。カード価格は500円です(キャンペーン価格)
あとばらいチャージはAGペイメントサービス株式会社による審査があり初回5000円程度の後払いができます。

申請金額手数料
3,000円〜10,000円500円
11,000円〜20,000円800円
21,000円〜30,000円1,150円
31,000円〜40,000円1,500円
41,000円〜50,000円1,800円
本ページはプロモーションが含まれています

Tポイント×クイックペイのメリット

Tポイント×クイックペイのメリットは、以下のとおりです。

  • 即日利用可能

クイックペイの後払い審査なしは、申し込み後すぐに利用することができます。そのため、急な出費があった場合でもすぐに対応することができます。

  • かざすだけで決済完了

クイックペイは、クレジットカードやスマートフォンを端末にかざすだけで決済が完了します。そのため、サインや暗証番号の入力の手間が省けます。

  • 安全性が高い

クイックペイは、ICチップや暗号化技術によって、セキュリティが確保されています。そのため、不正利用のリスクが低い決済手段です。

  • 利用可能店舗が多い

QUICPay+加盟店で利用することができます。QUICPay+加盟店は、全国に約100万店舗あり、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、身近なお店で利用することができます。
ただしクイックペイの後払いで審査なしのプリペイドカードの場合は、ガソリンスタンドなどでは利用できません。

  • レジ待ちの時間が短縮できる

クイックペイは、サインや暗証番号の入力が不要なため、レジ待ちの時間が短縮できます。

  • カードを落とすリスクが少ない

クイックペイは、クレジットカードやスマートフォンを端末にかざすだけで決済が完了するため、カードを落とすリスクが少ないと言えます。

クイックペイは、利便性や安全性、利用できる店舗の多さなど、多くのメリットがある決済手段です。

本ページはプロモーションが含まれています

クイックペイのデメリット

Tポイント×クイックペイのデメリットは具体的には、以下の点が挙げられます。

使いすぎてしまう可能性がある

クイックペイは、サインや暗証番号の入力が不要なため、ついつい使いすぎてしまう可能性があります。そのため、利用限度額を設定したり、決済前に金額を確認したりして、使いすぎを防止しましょう。

海外では使えない

クイックペイは海外では基本的に利用できません。

クイックペイは、日本国内で利用されている非接触型決済サービスです。QUICPayのマークがついている端末で、クレジットカードやスマートフォンをタッチするだけで決済が完了します。

しかし、クイックペイは、日本国内で利用されている決済サービスであるため、海外では対応している端末がありません。そのため、海外ではクイックペイを利用することはできません。

海外ではVISAタッチ決済などが対応しているのですが、VISAタッチ決済は日本で利用できるお店が少なく審査も厳しくなります。

また、海外で利用できるクレジットカードやスマートフォンのアプリによっては、クイックペイと同じように非接触型決済が可能な場合があります。例えば、Apple PayやGoogle Payなどのアプリを利用すれば、海外でも非接触型決済を利用することができます。

海外旅行や出張で非接触決済を利用したい場合は、事前に利用できる店舗やアプリを確認しておきましょう。

スマホや時計でのクイックペイはバッテリーが無くなると利用できない

スマホや時計でのクイックペイは、バッテリーが無くなると利用できません。

スマホや時計でクイックペイを利用するには、ICチップとNFC通信機能が必要です。これらの機能は、スマホや時計のバッテリーを消費するため、バッテリーが無くなると利用できなくなります。

具体的には、以下のような理由で、スマホや時計でのクイックペイは、バッテリーが無くなると利用できません。

  • ICチップの動作に必要な電力が供給されなくなる
  • NFC通信機能の動作に必要な電力が供給されなくなる

なお、一部のスマホや時計では、バッテリー残量が少なくなると、クイックペイの利用を制限する機能が搭載されています。この機能が搭載されている場合、バッテリー残量が一定値以下になると、クイックペイの利用ができなくなる場合があります。

スマホや時計でのクイックペイの後払いを利用する場合、バッテリー残量には十分に注意しましょう。

ちなみに電波が悪い所での移動はスマホバッテリーを消費するので、山間部や海沿いなどの移動時は注意が必要です。

error:Content is protected !!