クイックペイ後払いやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クイックペイ後払いやり方

クイックペイは対応しているクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを非接触決済にするサービスです。
そのカードの中でクレジットカードが後払いになるのでクレジットカードが必要になります。

対応デバイス

※Apple Pay対応デバイス
iPhone 8以降、日本国内で販売されたiPhone 7またはiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 3以降、日本国内で販売されたApple Watch Series 2で利用できます。
※Google Pay™対応デバイス
Android5.0以降かつFeliCa搭載端末おサイフケータイアプリ6.1.5以上で利用できます。

クイックペイ後払いの手数料

クイックペイ自体の料金は無料です。登録するクレジットカードやデビットカードで年会費や手数料が発生する場合は料金が発生します。

クイックペイ後払い審査

クイックペイ自体で後払いをするわけではいので登録するクレジットカードの作成時に審査が必要です。

クイックペイ対応しているおすすめのクレジットカード

対応しているクレジットカードでおすすめは楽天カードです。
Visa、Mastercard、JCBの楽天カードで利用可能です。

楽天カードは年会費無料で、3回以上の分割払いにする場合は手数料が発生します。

還元率も1%と高いのでおすすめです。

口座引き落とし日は月末締めの翌月27日払いです。

クイックペイ後払いの設定

お使いのスマホにGoogle Pay アプリをインストールして起動します
画面下の「支払い」タブをタップして「+お支払い方法」ボタンをタップします。
「クレジット/デビット/プリペイド」をタップし、カード情報をデバイス上に入力します。
画面の指示に従い、本人認証を行えば設定完了です。

クイックペイ後払いの使い方

会計時にレジでクイックペイで支払うと伝えます。
クイックペイのリーダーにかざして「クイックペイ」と音が鳴ったら決済完了です。

近くのクイックペイ後払いの使える場所
2022年6月末時点で全国188万ヵ所以上の場所で利用できます

コンビニ・イオンやイトーヨーカドーのスーパー・ファミレス・タクシー・ホームセンター・本・家電量販店・ディズニーランドなど対応しているお店がたくさんあります。
対応していない所でもクレジットカードが使用できる場合が多いのでカバーできます。

クイックペイ後払いの上限額

クイックペイの利用上限は2万円です。それ以上の金額を後払いする場合はQUICPay+が対応している必要があります。
対応していない場合はクレジットカードで支払いましょう。

Tポイント×QUICPayの後払い決済アプリ

2022年2月14日に開始したサービスで、「QUICPay+」が設置された店舗と「Visaのタッチ決済」対応店舗で利用可能です。
スマホで申し込みをして審査に通るとバーチャルクレジットカードが発行できるのでクイックペイに登録して使用します

プラスチックカードは発行されないので非接触決済が使えないお店で利用する事はできません。

アプリダウンロード

AppStoreもしくは Google Playで「Tポイント×QUICPay」を検索し、アプリをダウンロードします。

ユーザー登録

基本情報(ニックネーム・メールアドレス・パスワード・生年月日・性別)を入力しユーザー登録を行います。

Tポイント利用手続き

Tポイント利用手続き(ID連携)を行います。

本人確認手続き

本人確認情報を入力の上、本人確認書類と顔写真を撮影してアップロードし、本人確認手続きを行います。
※手続き完了までに3~4営業日程度かかる場合があります。

おたすけチャージ+申込手続き

おたすけチャージ+申込情報の入力、銀行口座登録を行います。
※アプラス所定の審査があります。

バーチャルプリペイドカード発行

バーチャルプリペイドカードが発行されます。

非接触決済設定

Apple Payに設定もしくはGoogle Payに追加します。