本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカード|特徴や審査・支払うまでの流れ

バンドルカードコラム

クレジットカードは持てないけどカード払いをしたい。そんなときに便利なのが「バンドルカード」です。

「バンドルカードって後払い決済と同じ?」
「バンドルカードは審査が必要?」

など、利用する前に気になる悩みはありませんか?

今回は、バンドルカードとはどんなサービスなのか。審査や利用するまでのやり方などを詳しくお伝えします。

本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカードとは

バンドルカードとは、株式会社カンムが運営するVisaプリペイドカードです。

スマホ1台で、

・チャージ
・支払い

ができて、クレジットカードのような使い方ができます。

利用条件

バンドルカードは、年齢制限がありません!

もちろん、「無職NG」や「学生NG」といった決まりがないので、誰でも作ることができます。

マニー
マニー

申し込みに決まり事が一切ないので、クレジットカードの申し込みができない中学生や高校生の間でも、注目されるプリペイドカードです。

最近は、ネット通販で買い物をする人が多く、ほとんどのネットショップがクレジットカード払いです。

コンビニ後払い決済が利用できないネットショップでも、バンドルカードがあれば、クレジットカード(Visa)として利用できますよ。

利用上限額

バンドルカードの利用上限は、チャージ分です。

チャージして利用するカードなので、残金がなければショッピングできません。

バンドルカードのチャージ上限額は、チャージ方法によって違います。

チャージ方法上限金額
ポチッとチャージ3,000円~50,000円/回
コンビニ(現金)最大100,000円/回
キャリア決済(ドコモ払い)最大100,000円/回
銀行ATM(ペイジー)最大100,000円/回
ビットコイン(bitFlyer)最大100,000円/回

バンドルカードは、上記の他にもチャージが可能です。

・セブン銀行ATM
・クレジットカード(3Dセキュア対応のVisa、Mastercard)
・ネット銀行

チャージの上限額は、いずれの方法でチャージした際に画面に表示される「チャージ可能額」までです。

また、チャージ方法によって、お札をチャージできる最大数が限られています。

オペレーター
オペレーター

例えば、セブン銀行ATMから現金をチャージできるお札の枚数は、最大50枚までです。

チャージ方法によって上限額が違うので、気をつけましょう。

手数料

バンドルカードは、バーチャルカードの発行やアカウント登録、年会費などの手数料が発生しません。

バーチャルカードは無料ですが、プラスチック製のリアルカードの発行や一部チャージに限り、手数料がかかります。

手数料がかかるチャージは、次の方法です。

チャージ方法手数料
キャリア決済(ドコモ払い)300円
※またはチャージ金額の6.15%
ポチッとチャージチャージ額による
※510円~1,830円

リアルカードの発行で手数料がかかるのは、次の場合です。

リアルカードの種類手数料
ベーシックホワイト300円
ベーシックグレー600円
VANDLE ホワイト400円
VANDLE イエロー400円
VANDLE レッド700円
VANDLE ブルー700円
VANDLE ブラック700円

チャージ手数料は1回毎なので、少しでもコストを抑えて使うためにも、手数料0円のチャージで利用するとお得ですよ。

本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカードの支払い方法と流れ

バンドルカードは、アプリをダウンロードするだけですぐに利用できるサービスです。

オペレーター
オペレーター

リアルカードを発行するのであれば、アプリダウンロード後に申し込みが必要なので、利用できるまで時間がかかります。

バーチャルカードのバンドルカードを使って、ネットで利用する流れをお伝えします。

①バンドルカードの残高を確認
②ネットショップの決済で「クレジットカード」を選択
③バンドルカードアプリ内のカード番号など記載

利用方法は、クレジットカードと同じです。

基本的にバンドルカードは、事前にチャージして使う前払いタイプです。あとでまとめて使用料を後払いで利用するなら、ポチッとチャージに申し込みしなくてはいけません。

ポチッとチャージの申し込みは、次の手順を参考にしてください。

①アプリ内「ポチッとの申込みへ」をタップ
②氏名などを入力
③SMSで送信された認証番号をアプリ内に記入
④チャージ金額を入力
⑤「この内容で申込む」をタップ
⑥チャージ完了

バンドルカードはネットショップやネットサービスの他、リアル店舗でも利用できます。

街のお店を利用するには、リアルカードの発行。または、Android端末でGoogle Payと連携する必要があります。

Google Payと連携することで、Visaタッチ決済が利用可能です。

オペレーター
オペレーター

残念ながら、バンドルカードはApple Payに対応していません。

iPhoneを利用している人は、Visaタッチ決済が利用できないので気をつけてくださいね。

バンドルカードとGoogle Payの連携方法は、次の手順を参考にしてください。

①アプリ内「Google Payに追加」をタップ
②Google画面に切り替わる
※画面切り替え後は、次のような表示が出ます。
・支払いカードの追加
・氏名や住所の入力
・カード発行会社への問い合わせ
・カード発行会社の利用規約確認
・カード情報の処理
・発行完了
③バンドルカードアプリに戻る(画面が自動切り替え)
④「設定を完了する」と画面に表示

設定完了後は、Visaタッチ決済ができるリアル店舗で利用できます。

本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカードの審査基準と審査時間

バンドルカードは審査がありません!

基本的に電話番号さえあれば、バンドルカードの利用ができます。

ただし、次のサービスを利用する場合、審査があります。

・ポチッとチャージ(都度審査)
・リアル+

ポチッとチャージは月に何度でも申し込みできる後払いサービスで、審査に通過するとチャージした分が利用できます。

審査基準は公表されていませんが、コンビニ後払いのように簡易的なものなので、よほど利用状況が悪くなければ審査は通過できるでしょう。

マニー
マニー

リアル+は上限残高が100万円、月間チャージ上限額が200万円と、他のサービスに比べて高いです。

そのため、発行手続きには本人確認書類の提出が必要で、バンドルカードの審査基準を満たしていなければ利用できません。

バンドルカードの審査は、前払いで利用するなら「なし」。後払いで利用するなら「あり」とおぼえておくといいですよ。

本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカードを利用する注意点

バンドルカードは、中学生でも利用できるVisaプリペイドカード。後払い決済サービスもあり、クレジットカードを申し込みできない人でも利用できるのが便利と評判です。

そんな便利なバンドルカードですが、いくつか注意して欲しいポイントがあります。

・カード利用にはチャージ(現金)が必要
・店舗によってバンドルカードが使えない
・クレジットカードとは違う
・クレジットカードとバンドルカードの同時使用不可
・支払いはショッピング1回払いのみ
・リアルカード裏にサインがないと利用できない
・未成年の利用は保護者の同意が必要 など

利用状況によって、バンドルカードは「使いにくい」と感じる人もいるでしょう。

バンドルカードは、審査なしで利用できる後払いアプリではないので、利用条件を確認しておく必要があります。

本ページはプロモーションが含まれています

バンドルカードが使えるお店

バンドルカードが使えるお店は、Visa加盟店であればほとんどで利用できます。

・ネットショップ加盟店(国内外)
・国内の実店舗はリアルカードのみ
・国外の実店舗はリアルカード+のみ
・ガソリンスタンドはリアルカード+のみ など

例えば、HuluやNetflixなどのサブスクでも、バンドルカードは利用できます。また、セブンイレブンやローソンなどのコンビニでも利用できますが、リアルカードの発行が必要です。

Visa加盟店のほとんどで利用できるとお伝えしましたが、次の支払いはできません。

・公共料金
・月額の保険料
・高速料金
・機内販売
・特急券
・一部プリペイドカードや電子マネーチャージ など

同じ買い物でも、利用できる・できない場合があるので気をつけてくださいね。

error:Content is protected !!