本ページはプロモーションが含まれています

クイックペイとクレジットカードの違いとメリット

本ページはプロモーションが含まれています

クイックペイとクレジットカードの違いとメリット

クイックペイとクレジットカードは、どちらも非接触型の決済手段ですが、以下のような違いがあります。

項目クイックペイクレジットカード
決済方法電子マネー信用取引
利用限度額紐づけられた決済の使える金額審査によって決定される
利用可能場所クイックペイ対応店舗クレジットカード対応店舗
ポイント還元連携決済に付帯している場合のみクレジットカードに付帯している場合のみ
審査不要必要

クイックペイは、クイックペイに対応しているクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードをアプリに登録して利用する電子マネーです。利用金額は、登録したカードから後日引き落とされます。

クレジットカードは、クレジットカード会社と契約して発行されるカードです。利用金額は、クレジットカード会社から後日請求されます。

クイックペイは、クレジットカードと比べて審査が不要で、利用限度額も低く設定されています。また、ポイント還元は、クレジットカードに付帯している場合のみ可能です。

クレジットカードは、クイックペイと比べて利用限度額が高く、ポイント還元率も高く設定されている場合が多いです。また、分割払いやリボ払いなどの支払い方法を利用することもできます。

どちらの決済手段を利用するかは、利用シーンや目的によって判断すると良いでしょう。

以下に、クイックペイとクレジットカードの使い分けの例を挙げます。

  • 少額の買い物

少額の買い物であれば、クイックペイがスマホアプリなどでお財布なしで利用できるメリットがありおすすめです。クイックペイは、クレジットカードと比べて手軽に利用することができます。

  • 高額の買い物

高額の買い物であれば、クレジットカードを利用するのがおすすめです。クレジットカードは、クイックペイと比べて利用限度額が高く、分割払いやリボ払いなどの支払い方法を利用することができます。

  • ポイント還元を重視する

ポイント還元を重視する場合は、クレジットカードを利用するのがおすすめです。クレジットカードは、クイックペイと比べてポイント還元率が高く設定されている場合が多いです。

クイックペイのメリット

クイックペイのメリットは、以下のとおりです。

  • スピーディーな支払い

クイックペイは、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録して利用する電子マネーです。利用金額は、登録したカードから後日引き落とされます。

クイックペイを利用すると、レジでサッと支払いを済ませることができます。小銭を用意する必要がないため、時間と手間を省くことができます。

  • 安全性の高い決済

クイックペイは、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードと紐づけて利用します。そのため、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードのセキュリティが適用されます。

また、クイックペイでは、暗証番号やサインなどの入力が不要なため、不正利用のリスクを軽減することができます。

  • 利用できる店舗が多い

クイックペイは、クレジットカードよりは対応店舗がすくないですが、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店など、全国のさまざまな大手の店舗で利用できます。

クイックペイを利用することで、日常生活のさまざまなシーンで便利に支払いをすることができます。

以下に、クイックペイのメリットをまとめます。

  • スピーディーな支払い
  • 安全性の高い決済
  • 利用できる店舗が多い

クイックペイは、利便性と安全性を兼ね備えたキャッシュレス決済手段です。日常生活でキャッシュレス決済を利用する機会が増えている今、クイックペイを検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのメリット

クレジットカードには、以下のメリットがあります。

  • 現金を持ち歩く必要がない

クレジットカードがあれば、現金を持ち歩く必要がありません。そのため、財布がかさばらず、お会計がスムーズになります。

  • ポイントが貯まる

クレジットカードを利用すると、ポイントが貯まります。ポイントは、現金や商品券、航空マイルなどに交換できます。

  • 分割払いやリボ払いができる

高額な買い物をする場合、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用すると、月々の支払額を抑えることができます。
クイックペイに連携した場合はクレジットカードと違い分割払いができないので注意が必要です。

  • 保険が付帯している

クレジットカードによっては、旅行保険やショッピング保険などの保険が付帯している場合があります。

  • クレジットカード利用履歴が信用情報に記録される

クレジットカードを利用すると、クレジットカード会社に利用履歴が記録されます。利用履歴は、クレジットカード会社や金融機関が審査を行う際に参考にされます。

以下に、クレジットカードのメリットをまとめます。

  • 現金を持ち歩く必要がない
  • ポイントが貯まる
  • 分割払いやリボ払いができる
  • 保険が付帯している
  • クレジットカード利用履歴が信用情報に記録される

クレジットカードは、日常生活や買い物で便利に利用できる決済手段です。ポイントや保険などの付帯サービスも充実しているので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 利用限度額を把握する
  • 分割払いやリボ払いの金利を理解する
  • 利用明細をこまめに確認する

クレジットカードは、便利な反面、使いすぎると金銭的な負担になる可能性があります。利用限度額を把握し、分割払いやリボ払いの金利を理解した上で、計画的に利用するようにしましょう。また、利用明細をこまめに確認して、不正利用の早期発見に努めましょう。

クイックペイとは

クイックペイには、以下の2つの種類があります。

  • QUICPay
  • QUICPay+

QUICPayは、2010年から提供されているクイックペイの基本的なサービスです。利用限度額は、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの利用限度額の範囲内で最大2万円までになります。

QUICPay+は、2017年から提供されているクイックペイの拡張サービスです。利用限度額は、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの利用限度額の範囲内で設定できます。

QUICPayとQUICPay+の主な違いは、以下のとおりです。

項目QUICPayQUICPay+
利用限度額クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの利用限度額の範囲内で最大2万円までクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの利用限度額の範囲内で設定可能

QUICPayの使い方

QUICPayの使い方は、以下のとおりです。

  1. QUICPay対応店舗で、レジで「クイックペイで」と伝えます。
  2. スマートフォンやカードを、端末にかざします。
  3. 決済音が鳴ったら、お支払い完了です。

スマートフォンで利用する場合

スマートフォンでQUICPayを利用するには、お手持ちのスマートフォンがQUICPay対応のNFC機能に対応している必要があります。

QUICPay対応のスマートフォンに、QUICPay対応のアプリをインストールします。アプリをインストールしたら、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録します。

レジで「クイックペイで」と伝えたら、アプリを起動し、スマートフォンを端末にかざします。決済音が鳴ったら、お支払い完了です。

カードで利用する場合

カードでQUICPayを利用するには、QUICPay対応のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードが必要です。

レジで「クイックペイで」と伝えたら、カードを端末にかざします。決済音が鳴ったら、お支払い完了です。

QUICPayは、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードを登録して利用する電子マネーです。利用金額は、登録したカードから後日引き落とされます。

QUICPayは、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店など、全国のさまざまな店舗で利用できます。

QUICPayを利用することで、レジでサッと支払いを済ませることができ、時間と手間を省くことができます。

本ページはプロモーションが含まれています
後払い
本ページはプロモーションが含まれています
マニーをフォローする
後払い情報館 最新後払い決済サービスのアプリなどのおすすめ情報
error:Content is protected !!