引っ越しの見積もりは電話なしで利用できる?回避術とは

引っ越し 見積もり 電話なし 生活

引っ越しの見積もりをしたいけど「業者からの電話」が心配ではありませんか?

見積もり後、何度も電話がかかってきた

夜8時過ぎに電話がかかってきた

営業電話だと思ったら訪問アポの連絡だった!

見積もりをして、引っ越し費用の比較をしたいのに、営業電話が怖くて依頼できない人も多いでしょう。

引っ越しの見積もりは電話なしにできないのか、電話なしで引っ越し業者に依頼するデメリットなどについて解説します。

スポンサーリンク

引っ越しの見積もりは「電話なし・メールなし」で利用できる?

引っ越しの見積もりは「電話なし・メールなし」で利用できる?

引っ越しの見積もりは「電話なし・メールなし」で利用できる?

引っ越しの見積もりは、電話またはメールどちらかの連絡事項が必要です。

マニー
マニー

どちらかの連絡事項が必須なら、メールの方が対応がラクです。

メールは、直接引っ越し業者と口頭で話さなくてもいいため、質問に対する答えやお断りする言葉もストレスなく対応できます。

しかし、引っ越し見積もり一括サイトの多くは、電話やメールアドレスの個人情報を入力しなくてはいけません。

関連記事:電話番号なしで利用できる引っ越し見積もり一括サイトとは?

利用する見積もり一括サイトによって、見積もり後、1日で10社くらいから営業電話がかかってくるケースもあります。

マニー
マニー

とくに一括見積りした当日、電話が頻繁にかかってきました。

引越しの見積り比較をしないのは損?

引っ越しの見積もりで営業電話が苦手、かかってきて欲しくないという理由で、一括見積りをしないのはおすすめしません。

オペレーター
オペレーター

引っ越し業者1社だけに見積もりを依頼すると、ライバル社がいないとの理由から「相場より高い金額」や「割引なし」で料金提示する可能性があります。

引っ越し費用は業者によって差が大きいため、最低でも2社~3社に見積り依頼をしましょう。

業者からの営業電話は、状況によって無視せざるを得ないケースもあります。もちろん、ムリな時は電話に出ない、嫌な時は着信拒否でも問題ありません。

ただし、一括査定サイトの中には「無料査定しただけで仮予約」というケースもあり、予約確認のために業者が電話連絡している可能性もあります。

オペレーター
オペレーター

一括見積サイトで記入した引越し予定日に合わせて、業者が訪問してくる可能性もあります。

重要な連絡の可能性もあるので、面倒でも業者からの電話は出た方がいいでしょう。

スポンサーリンク

引っ越しの見積もりを電話なしにする方法

引っ越しの見積もりを電話なしにする方法

引っ越しの見積もりを電話なしにする方法

基本的に、引越し一括見積サイトは「電話番号、メールアドレスなし」で利用はできません。

オペレーター
オペレーター

どちらかの情報を伝えなくてはいけないのですが、営業電話をなしにする方法はあります。

電話なしで引っ越し一括見積サイトを利用したい時は、次の2つのポイントをチェックしてみてください。

備考欄に注意事項を書く

引っ越し業者からの電話を拒否したい時は、見積もりを依頼する際に備考欄に伝えたいことを書きましょう。

電話なしで引っ越し業者と連絡を取りたい時は、次の文言を参考にしてください。

・電話での連絡をお断りします。
・平日○時まで仕事のため、電話での連絡は取れません。
・電話ではなくメールでの連絡を希望します。
・電話ができない環境のため、一切お受けできません。

電話での連絡ができないこと」を記載しておくだけで、業者からの電話連絡がありません。

ただ業者の中には、どんなに注意事項を記載しても電話してくるケースもあります。

しつこい業者からの電話連絡に困った時は、次のような内容でお断りしましょう。

・引っ越しがキャンセルになりました。
・他の引っ越し業者に決まりました。
・会社から引っ越し業者の指定をされたので、見積もりはキャンセルします。

たとえ引っ越しが転勤ではなくても、しつこい業者の電話を断る時は多少のウソがあっても問題ないでしょう。

業者からの電話は、スパッとお断りするのがポイントです。

電話番号の記載なしサイトを利用する

引っ越し業者からの電話を受けたくない時は、電話番号の記載をしなくていい一括見積サイトを利用するのがおすすめです。

引っ越し見積もり一括サイト「引越し侍」では、引っ越しネット予約サービスを用意しています。

【引っ越しネット予約サービスとは】
・ネット上で料金比較
・見積もり依頼を1社だけ選べる
・電話は依頼した1社からのみ
・電話番号は1社にしか伝えない

一般的な見積もり一括サイトと違い、こちらから見積もりしたい業者だけに電話番号を伝えるので、複数社から営業電話がかかってくることはありません。

引っ越し一括見積もりサイトは、条件にあった業者をすぐ見つけられる他、一番費用の安い業者を比較できるのがメリットです。

一方で、営業電話がかかってくるというデメリットもあります。

デメリットのない一括見積サイトを利用したいなら、サービスが工夫されたサイトを利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

引っ越し見積もりは単身なら電話なしが多い?

引っ越し見積もりは単身なら電話なしが多い?

引っ越し見積もりは単身なら電話なしが多い?

引っ越しの単身パックって料金が決まっているから、営業電話は来ないのでは?

オペレーター
オペレーター

営業ではありませんが、電話はかかってきます。

単身パックは、指定サイズのコンテナボックスに荷物を入れて運搬するため、荷物などの情報の入力や業者からの聞き取りはほとんどありません。

業者からの電話は「引越し日や料金の確認」のためにかかってきます。

マニー
マニー

いくら引っ越しの単身パックは料金が決まっているとはいえ、業者によって料金が違います。

そのため、確認以外でも「他社よりも料金が安い」「他社よりもコンテナボックスが大きい」といった内容の電話がかかってくるケースもあるでしょう。

関連記事:電話なしで利用できる単身パックの無料一括見積りサイトはどこ?

スポンサーリンク

引っ越しの見積もりは電話なしもOK!業者の選び方とは

引っ越しの見積もりは電話なしもOK!業者の選び方とは

引っ越しの見積もりは電話なしもOK!業者の選び方とは

引っ越しの見積もりで、電話をかけてくる業者は悪徳と思っていませんか?

オペレーター
オペレーター

業者が電話をかけてくる理由は「少しでも安い費用に抑えてもらいたい」や「よりお得なサービス案内」などさまざまです。

「営業電話=悪徳業者」と決めつけるのではなく、引っ越し業者を選ぶ時は次のポイントも一緒に比較しましょう。

・引っ越し安心マークがある
・サービス面(梱包資材の提供やエアコン脱着作業など)
・作業員の人数
・補償の充実度
・オプションや注意事項

どんなに引っ越し費用が安く営業電話をかけてこない業者ても、追加によるオプション費用が高ければ意味がありません。

例えば、A社は梱包資材が無料で作業員は3名で5万円なのに対し、B社は梱包資材は有料で作業員は2名で4万円だったとします。

B社の方がお得!

A社と同じサービスにするためにオプションを付けるとどうでしょうか。

・梱包資材は5千円
・作業員+1名で1.5万円

A社と同じサービスにするには、+2万円のオプション費用がかかります。

オペレーター
オペレーター

トータル比較すると、A社は5万円、B社は6万円です。

引っ越し業者を選ぶ時は、電話なしだけではなく契約事項もしっかり読んでから決めましょう。